英語は世界の共通語、と言えるほど多くの人が話している言語ですよね。

英語をもっと話せるようになりたい、コミュニケーションが取れるようになりたいということで、オンライン英会話を受講したり、動機づけになっているかと思います。

英語には大きく分けて二つ、アメリカ英語イギリス英語というのがあります。

発音、イントネーション、そして単語など、違いが結構あるものです。

 

タイゾータイゾー

今回は、イギリス英語を学びたいという方へ、オンライン英会話でイギリス英語を学べるスクールをご紹介いたします。イギリス英語ファンの方必見です。


なぜイギリスに住んでいる人がオンライン英会話を受講するケースが増えているのか?


英語を学んでいくと同じ英語でもこんなに違っているんだと気がつくことがあると思います。

一番の違いが発音です。海外に住んでいると使われている言語として英語がいかに重要かということがわかりますが、その中で感じる音の違いについて聞き取れなくて困っているという方も多いと聞きます。

今までアメリカ英語を学んできた人によってアメリカ英語とイギリス英語の違いに戸惑ってしまい、イギリスに住んでいながらオンライン英会話のクラスを受講しているという方も多いようです。

ではどうしてこの発音の違いに戸惑ってしまうのでしょうか?

英語圏の中心はアメリカ


私たちが英語を学んできて一番身近であり、中心的に教えられてきたのがアメリカ英語です。

そのため聞き取りやすい、理解しやすいという方が多いのがアメリカ英語と言えると思います。もちろんその中でもイギリス英語の方が聞き取りやすいという方もいます。ただ、圧倒的にアメリカ英語を教材などで聴く機会が多かったはずです。

また、世界で多くの人に話されている英語ですが、その中心になっているのがアメリカと言えると思います。メディアや様々なシチェエーションで目にしたり耳にしたりするのはアメリカ英語。そのため自然と聞き取りやすくなってきていることが言えると思います。

発音がアメリカ英語と違う

アメリカ英語とイギリス英語の大きな違いとしてあげられるのがまず発音でしょう。ここでその特徴をあげてみます。

イギリス英語の特徴
イギリス英語の特徴をあげてみると、

  • 抑揚があまりない

イギリス英語は、アメリカ英語に比べて抑揚が少なめです。イギリス人はあまり感情を表に出さないからかもしれませんが、日本人に似ている部分もあるので、親しみやすく感じるかもしれません。

  • 「T」をしっかり発音する

イギリス英語では「T」の発音はしっかりと「T」の音としてすることが特徴です。例えば、Waterが、ウォーラーではなく、ウォーター

Letterが、レラー、ではなくレターという具合。

  • 「R」の発音が弱め

イギリス英語では、アメリカ英語に比べると「R」の音が弱めです。アメリカ英語では、「R」の音をしっかりと巻いたような音で出すのですが、イギリス英語の「R」はそんなに強い音ではありません。

また、語尾の「R」を発音しないというのも特徴。

例えば、StoreやDoorという単語は、語尾がRの音で終わっています。

アメリカ英語だと、最後のRをしっかり発音しますが、イギリス英語ではStoreが「ストー」Doorが「ドー」のように、単に音を伸ばして終わり。

 

タイゾータイゾー

日本人には聞き取りやすく、発音しやすいという人もいます。

色々な単語が違う


また、アメリカ英語とイギリス英語には単語の違いも沢山あります。

  • 単語の違い
日本語 イギリス英語 アメリカ英語
タクシー cab taxi
アパート flat apartment
エレベーター lift elevater
フライドポテト chips French fries

と、単語をあげるだけでもまだまだあります。他には、

  • 「have got」の使い方が違う

haveに関する表現がイギリス英語とアメリカ英語では違います。

イギリス英語:I have got a pencil.
アメリカ英語:I have a pencil.

解説:アメリカ英語のhaveがイギリス英語ではhave gotとなります。アメリカ英語のDo you have time?も、イギリス英語ではHave you got a time?となります。

などなど、違いはたくさんです。

 

タイゾータイゾー

違いに気づくと英語の面白さをますます感じますね。

 

まだまだイギリス英語の需要あり


英語を知るほどに、アメリカ英語とイギリス英語の違いということにより一層興味が持てるようになってきますね。

アメリカ英語が好き、という方もいればイギリス英語が好きという方も沢山います。理由はそれぞれの国が好きだからということにもなるかと思いますが、イギリス英語を学ぶことでアメリカ英語のルーツを感じることもできます。

イギリス英語の独特の響きが好きという方も多いですよね。エレガントな響きでアメリカ英語とはまた違った魅力があると思います。

 

イギリス以外にも旧植民地国はイギリス英語

 

イメージ的にアメリカ英語の方が断然話されていると思ってしまいますが、実はイギリス英語も多くの国で話されているのです。それは歴史を考えてみるとわかりやすくなります。

イギリスよりの英語を話している国は旧植民地国で、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、インド、英領アフリカ、シンガポール、香港、英領ジルベルタール、南アフリカ(オランダ語と半々)等があります。

といっても完全にイギリス英語の音というわけでもなく、例えばカナダは音はほぼアメリカ英語ですが、colour、theatreなど単語のスペルはイギリス英語を使っています。

またオーストラリアやニュージーランドでは音はよりイギリス英語に近いですが、それぞれの国の独特の言い方や音があり、独自に発展しています。

と考えると英語というのは一つでもなくまたイギリス英語とアメリカ英語の二つでもなく、多種に変化してきていると言えると思います。

 

イギリス英語を学ぶのに必要な要素

イギリス英語を習得するにはどうすればいいのか、必要事項をまとめてみました。

講師がイギリス人

基本中の基本はこれです。発音の違いや単語の違いをご紹介した通り、イギリス英語の特徴を知っているイギリス人から学ぶことが一番です。

しっかりとしたイギリス英語の発音を学ぶことが可能です。

 

意識してイギリス英語を教えることができる人

イギリス出身でなくても、イギリス英語圏で育った講師で意識してイギリス英語を教えることができる人から学ぶことも大切です。

少なくてもイギリス英語とはどんなものかを分かっている生活環境にいた講師から教えてもらいましょう。

その他

そのほか自己学習としてイギリスのBBCニュースを見たり、ハリーポッターなどのイギリス英語を積極的に見て違いを勉強してみるといいでしょう。

でも、これだけだと聞き取ることだけになるので、オンライン英会話で実際に発音、話し方について学ぶことをお勧めします。

 

タイゾータイゾー

映画やBBCニュースなどをみて、アメリカ英語と聴き比べてみるのも面白いですよ。

イギリス英語を受講可能なオンライン英会話3選


ではここでイギリス英語を学べる、イギリス人講師がおおいオンライン英会話スクールをご紹介いたします。

DMM英会話

世界60カ国から集まった3000人の講師が集まっているDMM英会話は、その知名度と実績の高いスクールとして有名です。多国籍な講師によるイギリス英語のレッスンを受けられる点が魅力です。

>>DMM英会話はこちら

EFイングリッシュライブ


イングリッシュライブは、全員がネイティブの講師のオンライン英会話スクールです。イギリス人の講師もたくさん在籍しているので、希望の講師を探しやすいですね。正しい発音やアクセントを身に付け「本物の英語」を使えるようになる、というのがコンセプト。

イギリスの本場の英語に触れることで楽しみながら英語が学べます。

 

>>イングリッシュライブの公式サイトはこちら

エイゴックス


エイゴックスでは、フィリピン人講師がメインですが、ネイティブの講師、日本人の講師と選ぶことができます。

ネイティブ、日本人講師とのレッスンは100ポイント(1000円)になり、フィリピン人の先生とのレッスンは40ポイントになります。

イギリス人講師も多数在籍しています。

 

その中でもオンライン英会話を推奨する理由

英語を学ぶには実践がとても重要になります。映画を見たり英語ニュースを聞いたりは自分でもできますが、会話をするには自分の考えを表現できる、会話のキャッチボールができるというところに英語を話すことの醍醐味があります。

それを学べるのがオンライン英会話です。自分のレベルにあったコースでプロの講師から教えてもらうことによってより効果的に、そして効率的に上達することが可能です。

またオンライン英会話なら、手頃な料金でいつでもそしてどこでも学ぶことが可能です。

海外に住んでいても学べるとても便利なツールなのです。

 

タイゾータイゾー

無料体験でレッスンを見比べてから入会するのが良いでしょう。

まとめ


今回は、イギリス英語を学びたい方へ、オススメのオンライン英会話スクールをご紹介しました。

いずれのスクールも、無料体験レッスンを受けることができますので、いくつか体験してみて雰囲気を確かめていきましょう。

以前はフィリピン人講師が主流だったオンライン英会話スクールですが、ニーズによりネイティブの講師がいるスクールも増えてきました。

英語の勉強はもちろんのこと、その国の文化やトレンドを知りたい、というのも英語を学ぶモチベーションにもなります。

 

タイゾータイゾー

素敵な講師に巡り会えるといいですね。

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら