英検対策をするのに、オンライン英会話スクールを選ぶ人が増えています。

自宅にいながらマンツーマンで、日本人が苦手とするヒアリング・スピーキングを鍛えていくことができるのが、最大の魅力ですよね。

今やライバル競争が激しくなり様々な差別化を図っているオンライン英会話スクールですが、その中から英検対策にhanasoが選ばれています。

今回は、評判がいいhanasoの英検対策について私が解説していきたいと思います。

タイゾータイゾー

オンライン英会話のhanasoの英検対策は何がいいのでしょうか?その詳細を見ていきましょう。

hanaso基本情報

厳しい採用基準を通過した、フィリピン国籍の講師陣は有名大学卒業の講師が揃っています。

採用後の研修ではレッスンで使える日本語の研修等も含まれており、レッスンのサービス、質の高さに定評があります。

「回数プラン」、「毎日プラン」、「週2日プラン」と、ライフスタイルに合わせやすいさまざまな料金プランが用意されています。

一番人気のある「毎日プラン」では月額6,264円で毎日1レッスン(25分)受けることができます。

1レッスンあたり202円です。

これはかなりお得で受ける価値ありだと私は思います。

タイゾータイゾー

では、英検対策でhanasoを選んだ方の口コミを見ていきましょう。

 

>>hanasoの公式サイトはこちら

【口コミ】英検対策でhanasoを選んだきっかけは?

就活で英語力をアピールする為に英検を取ろうと思いました。料金が安かったので、独学で勉強するよりお試し程度にやってみようかなと思い始めました。最初はかなりドッキドキでしたが、講師さんが優しいので良かったです。ストイックに勉強する事ができますし、独学で勉強した事の総確認としても利用できますね。

hanasoの料金の安さがきっかけの一つにあるようです。

「週2日プラン」なら月額4,104円ですので、週末のみレッスンを受けたいという方には嬉しいですね。

また、新規入会で全プランが70%オフなどの、お得なキャンペーンをやっている時があります。

「週2日プラン」は1,231円となり、破格のお値段です。

お得な料金で入会したい方は、このキャンペーンを見逃す手はないですね。

まめにサイトをチェックすることを私はお勧めします。

英検1級に合格したいと思っています。英検1級の2次試験は面接です。私は普段の生活で英語を使用することがないため、その状態で、英検1級の面接を受けるのは怖いと思いました。それで、hanasoで、英語を話す練習をしようと思いました。とても明るい先生が多く、話しているだけで楽しいです。私が話すのに時間がかかっている時でも、じっと待ってくださるので、ありがたいです。

講師の質に定評があるhanasoには、約450名の厳しい採用基準を合格した優秀なフィリピン人講師がそろっています。

マンツーマンなので他の目を気にすることなくたくさん英語を話せて、自分に合ったペースでレッスンを受けることができます。

近年、英検の2次試験対策として受講する方は本当に多いと私は感じています。

やはりあの独特な緊張感をもたらす雰囲気は、何度も練習して慣れるということが大切だと私の経験からも言えることです。

 

タイゾータイゾー

安価で、質の高いレッスンを提供するのが決め手のようですね。

英検対策コースはあるの?

 

hanasoでは英語初心者レベルから上級者レベルまで、 推奨市販英語教材(Side by Side)や無料オリジナルテキストなどを用いた様々なレッスンを提供しています。

日常会話やトラベル英会話、発音トレーニングなど必要に応じて自由にレッスンを選択することができます。

「Taking the TOETIC」という市販の教材を用いた初級者から中級者まで学べるTOEIC対策コースも用意されていますが、残念ながら英検対策コースはありません。

では、hanasoでの英検対策はどのように行えば良いのでしょうか?

 

タイゾータイゾー

レッスンを受講すること自体が、英語面接の練習になりますね。

 

>>hanasoを試してみる

英検対策はどうする?おすすめ教材は?

hanasoでは「話せる英語」を習得できるように独自のメソッド(独自の反復学習システム)が導入されています。

この反復学習システムにより、リーディング・ヒアリング・スピーキングの能力を総合的に高めていくことが可能です。

英検で求められる英語の総合的な理解力がhanasoの学習により身につくので、結果的に英検対策に繋がります。

レッスンを受けながら自然と英検合格へと繋がる力がついていくということですね。

これなら辛い英検の勉強も楽しくなると私は思います。

では、hanasoの教材の中から特に英検対策にオススメの3つをご紹介します。

発音トレーニング

オリジナルテキストである「発音トレーニング」では、日本人が不得意としがちな20個の子音と6個の母音を学び、正しい文章なのになかなか通じないという発音の弱点を解決します。

私も発音は苦手分野。

ここでしっかり学びたいと思わせるレッスン内容です。

News in Levels

 

Webニュースを用いた「News in Levels」では、世界のニュースを通して単語、リーディング、リスニングを学ぶことができます。

初級・中級・上級と3つのレベルに分かれて総合的に英語力を高めていくことができるので、英検対策に効果的です。

ニュースなんて読めないと思ってしまいがちですが、私のような初心者でも読めるレベルのものからあるので安心して取り組めます。

フリートーク

好きなテーマについて講師と自由に話をすることができる「フリートーク」は、自分の意見を英語で伝える実践力が身につくので、英検の二次試験の面接で求められるスピーキング力を鍛えることができます。

また、英検協会の過去問を使いながら長文読解や、作文、リスニングを講師にサポートしてもらうことも可能なので、自分のウィークポイントを効率よく強化していくことができます。

フリートークのクラスを利用してこのようなレッスンが取れるのもhanasoの魅力だと私は思います。

 

タイゾータイゾー

レッスン時に、講師に英検対策を前提にレッスンをしたい旨を伝えても良いでしょう。

 

>>hanasoはこちら

まとめ

オンライン英会話のhanasoには、英検で求められるリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングを総合的に学べるカリキュラムが揃っています。

英検協会の過去問をレッスンで用いるのも良い方法ですし、hanasoで提供されている発音やフリートークなどの教材を用いて自分の弱点を徹底的に磨き上げるのも良いですね。

何れにしても英検対策について評価が高いhanasoの魅力がご理解いただけたと思います。

英検対策をオンライン英会話スクールでしたい、という方にhanasoは私が是非ともお勧めしたいスクールです。

 

 

タイゾータイゾー

Good Luck!!

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら

 

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら